• nobuhiro nagai

90度と180度のリリース動作の違いをハンマーで説明してみた

今日は、まず、この動画からご覧ください。

トミー・フリートウッド選手のスイング ヨーロピアンツアーのFacebookにアップされていたモノですが、繰り返し繰り返しスイングを流してくれるので、リリースの動きが、けっこう見て取れると思います。フォロースルーでヘッドがUターンして、フィニッシュに向かう頂点のあたりで、クラブフェースがコチラ側を向いているように見えると思います。 いわゆるフェースローテーションが大きいスイングだと、この位置でアイアンのバックフェースが見えますから、そういうスイングの選手とフリートウッドでは、180度くらいフェースの向きが違うということになります。 この仕組みの相似性が、今週発売の週刊ゴルフダイジェスト6/9号の巻頭「プロビジョン・原英莉花選手バーディーを狙うアイアン」のスイング写真と繋がります。トップページであるとか、後方からのスイング連続写真を見ると、フォロースルーにおけるフェースの向きがハッキリと見える写真がありますから、もし、お手元に本がある方は、あらためてご覧頂ければと思います。


これは、一昨日5/28夜におこなわれた、オンラインイベント【ゴルファーズラウンジ】の中で、私がお話しした部分の掘り下げです。昨日、ハンマーを使って、その説明動画を撮影して、今日編集が終了しました。 スイングの仕組みとしては、リリース動作の違いになります。これは、昨日のブログで、90度と180度のリリースについて説明しているので、切り取って貼り付けておきます。

〈5/29ブログより引用・一部修正〉 原英莉花プロとトミー・フリートウッド選手のスイング、一見、体型やタイプが違う2人ですが、スイングの仕組みを見ると、かなり共通点が見えてきます。

注目すべきはリリースの部分です。いわゆる従来型のムチ・振り子型のゴルフスイングの場合、ハーフウェイダウンのポジョンから、90度リリースしてインパクトを迎え、さらに90度リリースしてフォローでのハーフウェイポジションへとたどり着きます。

感覚的には、ハーフウェイダウンから90度のリリースでインパクトするのが「身体の正面で捕らえる」とかになり、その後の90度のリリースが「ヘッドが走る」になるでしょう。

となると、ハーフウェイダウンから180度リリースして、インパクトゾーンを作っているという仕組みになり、ここで重要なのが「軸」や「カベ」です。180度のリリースでクラブを加速させるのには、身体や手元を減速させなければなりません。

それが、現代的なハンマー型のゴルフスイングでは、ハーフウェイダウンで右背中側にクラブを預けたまま、骨盤や体幹の回転でインパクトまでたどり着きます。クラブはリリースされないまま、インパクトを迎えます。

そのボールにコンタクトした時には、おヘソはもうかなりターゲット方向を向いており、インパクト後に90度クラブがリリースされて、おヘソの前にクラブがたどり着きますが、その身体の正面にキャッチアップしたクラブを待つことなく、身体は一気にフィニッシュまでたどり着きます。ここに「地面反力」といわれるような動きが関係してきます。

となると、ハンマー型の場合、クラブのリリースはハーフウェイポジションからインパクトまでの90度のみとなり、ムチ・振り子型とは全く違う仕組みとなります。

そのハンマー型リリースの具現者が、原英莉花プロであり、トミー・フリートウッド選手であるというのが、今回の深掘り解説となります。冒頭でも書いたとおり、これを説明する動画を今日作り、今編集していますので、楽しみにしていてください。 (以上5/29ブログより) ということで、動画を下に貼り付けますので、ご覧になってください。

昨日も書きましたが、これをもう一度まとめて、さらに加筆し、「note」へ投稿したいと考えています。ちょっと、家の前の通路で普段着のままやっている動画は、はたしてどうなのか?とうのもありますが、このあたりも含めて「note」とのかかわり方を研究していきたいと思います。 さて、今日も娘と一緒に身体を動かしながらの撮影でした。個人的な課題は備忘録的に1分動画にまとめましたので、ソチラもご覧になってください。もちろん、90度リリースとの関係性もありますので。

個人的には、この新型コロナウイルス問題、いわゆる第二波という現象は起こらないと予想していましたが、ちょっと怪しい雰囲気も出てきていますね。 そんな中、いよいよこの週末が明けると月曜日からは6月1日となり、本格的に世の中が動き出します。娘の小学校も、いよいよ登校が始まり、先ずは入学式からだそうですが授業も再開されます 私もレッスン活動のメイン会場である高田馬場ゴルファーレが、6/1より営業再開するので、いよいよ再スタートです。 既に来週のレッスン予約をいくつか頂いており、ゴルファーレの営業再開確定を受けて、ご予約のお客様には確認のメールなどを送らせて頂きましたが、とても早いレスポンスでのお返事を、皆さまから頂戴しました。

お客様のゴルフへの熱い想いが伝わってくる気がして、あらためて身が引き締まります。明日は、埼玉ラウンド会ですので、コチラもお客様の想いに応えるよう、努力したいと思います。 さて、今日は来週からの再スタートに向けて、家族で明るい時間からの室内BBQの予定です。といっても、緊急事態宣言の自粛生活中に買い込んだ、スーパーマーケットの安売り品の食材(主に肉!)を冷凍庫から解凍し、ホットプレートで焼くだけですが…。 皆さまも、穏やかなよい週末をお過ごしください。

PS  6/1(月)夜8時よりオンラインイベント   【ゴルファーズラウンジ】開催!    お気軽にお立ち寄りください

82回の閲覧

© 2019 永井延宏サムネイルゴルフ