• nobuhiro nagai

木からオレンジが落ちたらマシュー・ウルフの仕組みが見えてきた

緊急事態宣言が全国的に全面解除となった今日ですが、朝のワイドショーでは主要駅からのライブレポートをおこなっていました。


昨日の様子との比較する映像がありましたが、概ねほぼ同じような混み具合とのことで、さすがに直ぐに人の動きが戻るとは思いません。 馴染みの飲食店さんのFacebookの投稿で、はやり仕入れに仕込みが整わないので「6月1日から再開することにしました!」との記事がありました。 まだしばらくは時間が必要でしょうが、第二波といわれる感染拡散が起きないように気をつけて、じっくりやっていくしかないでしょうね。

5月最終日の日曜日は、この前の日曜日に続いての埼玉ラウンド会ですので、私もそこまではやはり休業として、6月1日よりの再スタートとさせて頂こうと思います。 明後日木曜日には、オンラインイベントの「【ゴルファーズラウンジ】ゴルファーとゴルフプロフェッショナルを繋ぐ架け橋」が夜8時よりおこなわれます。現在、予約受付中ですので、どうぞよろしくお願い致します。 今日、今週の週刊ゴルフダイジェストが発売されたと思いますが、木曜日はそれをテキストがわりにしての読み合わせ会をおこないたいと思います。 私自身、ゴルフ雑誌に登場させて頂く機会もありますが、なかなか本当に伝えたいことや言いたいことというのが、うまく誌面に現れているか?というと、やや消化不良な時もあります。 それは、ページ数や誌面構成の都合で、しょうがないことですが、この読み合わせ会は、そういう想いから考えられた企画です。 もちろん、自分が毎週登場する訳ではないですから、ゴルフ雑誌をテキストがわりにして皆さまと一緒に読みながら、誌面にある記事を皆さまのゴルフ上達にどう結び付けていけばいいのか?を語る会です。

ゴルフ雑誌にはスイング技術だけでなく、ゴルフクラブの記事もたくさんあります。それは私の得意分野でもありますし、サブホストのクラブデザイナー松吉宗之さん(月曜日のメインホストです)が参加してくれていれば、より深い話しが聞けるかもしれません。


昨今の私のブログにも繋がりますが、オンライン系イベントに集うゴルファーの方々を見ていて感じるのは、発信する側が、本当にそこに集って下さっているゴルファーの、悩みや苦しみに寄り添えていないのではないか?ということです。


今回の【ゴルファーズラウンジ】は、ゴルファーの皆さんの、熱いゴルフへの想いに寄り添うべく、ホストたちがおもてなしするのをミッションとしています。 とはいえ、オンライン飲み会という気楽な場ですから、受け身モードでの参加ではなく、どうぞいろいろと日頃のゴルフへの熱い想いを語ってください!

さて、今日我が家は相変わらずの自粛生活。そんな中、娘の視力が弱いらしく、昨日、眼科にて検眼して頂き、眼鏡の処方箋を頂いたとのことで、今日は昼から所沢西武まで出かけて、眼鏡を作ってきました。 実は私のデスクワーク用メガネのフレームは、既に折れていました。なのでペットボトルをカットし接着剤で貼り付け、それを継ぎ足している状態でしたが、いよいよ厳しい状況になってきたので、全く同じ度数で娘と一緒に新調してきました。 出来上がり確認の時から、新しい眼鏡をかけていますが、いたって快適。このところ汗を掻くせいか、ややアレルギー的なかゆみが出ていたのですが、それも収まりそうでよかったです。 なので、今日はそのお出かけ前に練習しました。 昨日、オレンジウィップを使って、背中側の手摺り部分にオレンジのボールを切り返しから落としていく練習をやっていたら、そのボールの跳ね返りのチカラを感じるようになりました。 なので、跳ね返るチカラに任せて動いてみたら、結局、マシュー・ウルフのような動作になりました。 これは、クラブが描く円弧に目がいきがちですが、やはり、右肩や肩甲骨の使い方に、かなり特徴的な要素がありますね。当然、始動の入り方から変わっていきますが、何か劇的な変化をもたらせてくれそうな匂いがしてきました。 とりあえず、今日は夜にミーティングが入ったので、この部分の掘り下げは、明日の練習をあわせておこないたいと思います。 また動画を2本作りました。ひとつめは、5/24埼玉レッスン会のイメージ動画で、2本目が今日の練習の様子です。


両方とも、1分動画ですので、お気軽にご覧ください!









100回の閲覧

© 2019 永井延宏サムネイルゴルフ