• nobuhiro nagai

大寒を前倒し。強風寒風の吹きつける大宮国際CCにての寒稽古は手応えアリ!

今日は朝からの晴天となりましたが、テレビで北西からの強い風に注意との天気予報を見ながら、朝7時に自宅を出ました。


やはり、外に出ると予報どおりの強風は、もう吹いていましたね。


もちろん、自宅にあった衣類から最強の防寒装備で身を固め、熱い狭山茶をポットに仕込み、いざコース到着。


大宮国際CCには、多分10年ぶりくらいに来ましたが、クラブハウスがリニューアルされていました。


クラブハウスを中心として、駐車場も広々整備されていますが、今朝は車が少な目。


緊急事態宣言発令後、ゴルフ場が空いてきたと言われますが、本日はスループレーの定休日営業ということも関係していると思います。


我々はときコーススタートにつき、クラブハウス前からバスで移動。スタートハウスに着いてカートにバッグを乗せてスタートホールに向かいましたが、やはりものすごい風です。


1番は480ヤードのパー5ですが、まともなアゲインスト。果たして、3打で届くのか?不安だし、右サイドにはOBラインが迫ります。


ティーイングエリア後方を見ると、遠くに富士山が…。


そんな中、スタートしましたが、とりあえず右にフケてもいい様に、左の隣ホールを向いてのショット。


「ここはセントアンドリュースか?」と思いましたが、ショットはまずまずの当たりで向いた方へ飛びましたが、ホール間にワンペナ杭があるのに気づかずワンペナでのスタートとなりました。


防寒対策を施したせいか、3ホールを過ぎたあたりから、身体と意識は覚醒してきて、課題としている部分へ、いい感じでトライできる様になりました。


ミスも出ますが、そこからのフィードバックもクリアで、その積み重ね感がありドライバーがかなり当たってきました。


フロント9の終盤からのドライバーは、ほぼノーミスでした。


バック9のときコースの1番もパー5。ココは右からの横風でしたが、コレもいい当たり。


計測器で計ると250ヤード出ていましたから、この時期というか、今日のこのコンディションとしては十分だと思います。


かなり厳しい寒さと風の中での寒稽古となりましたが、得たモノは大きかったです。







38回の閲覧

© 2019 永井延宏サムネイルゴルフ