• nobuhiro nagai

「ヘッドを隠す」という感覚は、かなり本質的なモノだと感じるラウンドでした。

昨日の風花が舞う天気から、今朝の積雪が危惧されましたが、朝6時に起きると素晴らしい晴天で雪はナシ。


やや風がある印象でしたが、7時45分のスタート時には、穏やかな冬の朝という感じでした。

今日、この那須国際CCでは、フットゴルフの全国大会が開かれているとのことで、我々ゴルファーはスループレーでのラウンドです。 暖かくなってきたのは、フロント9をターンしての後半です。時間でいえば、11時頃からでしょうか? それでも地面の凍結とかはなく、名物のサルスベリからの順芽という傾斜の錯覚を楽しみながらのラウンドとなりました。 サルスベリ問題は、経験値を積み重ねる程に難解となり、今日も3パットが出てしまいましたね。ホント、この那須国際CCのグリーンは、面白いです。 とりあえず、今週3回目のラウンドということもあり、いちおうゴルフモードのスイッチはONになっているので、今朝はアサイチからちゃんと当たりました。 昨日の高田馬場ゴルファーレでのレッスンで掴んだ、新しいキーワードや感覚へのトライが今日のミッションです。 その新しいキーワードとは、 「ヘッドを隠す」 「リリースの半径」 「二重振り子」 「アイスホッケーのショット」 辺りでしょうか? この中でも、 「ヘッドを隠す」 というのは、いい表現ですね。 ゴルフスイングの本質に迫るワードだと思います。 ということで、昨日の那須高原ゴルフ練習場でのトライを引き継いでのラウンドとなりましたが、ゴルフコースでのプレーでも、なかなかの結果が得られらのでは?と感じました。 今日はプレーのペースがゆっくりだったので、いつもの自撮り動画も丁寧に撮れましたが、ソレを見ても、今日のトライは今週の水木のラウンドと繋がり、自分の中で、一区切りのブレイクスルーが得られたのでは?と思います。



実は、明日もラウンドです。そして、今週は関西で業界関係のゴルフがあって、木曜日から土曜日まで3連荘。 どうやら今週が、このコロナ禍となった2020年のゴルフウィークとなりそうで、それに向かって最高の仕上がりとなった感があります。 月曜日 我孫子GC 木曜日 茨木国際CC 金曜日 名神八日市CC 土曜日 くずはゴルフリンクス 素晴らしい機会だと思うので、とりあえずは、ここでひとつのピークを作れるように、努力したいと思います。 さて、那須国際CCでのプレー後、営業の担当者さんに挨拶しつつ、来年の5月のGWの予約状況を伺いました。 幸い、まだ空きはあるとのことで、近々に予定を練って、2021年5月GWの予約を入れて、企画を立ち上げたいと思います。 そして帰路に着きましたが、佐野ICを過ぎたあたりから意外と道が混んできたので、久喜ICで下りて下道を経由し、二木ゴルフ大宮店に立ち寄りました。



「SIM MAX」を長尺ドライバーとする為に、シャフトのスリーブ交換をお願いしていた「WIDE SYB・180ID」のピックアップです。 それと、「TM・ロケットボールズ」のスプーンのグリップ交換をしました。 この「TM・ロケットボールズ」のスプーン、今日もいい感じでした。チョット、重めのグリップが入っていて、振り心地を軽く感じていたので、二木ゴルフ大宮店で60口径のツアーベルベットに替えたことで、バランスもD1からD2にアップして、何となく狙った方向には向かっていると思います。 帰宅後は、昨夜の那須国際CCでの残り食材を使ってのすき焼きアゲイン。



今夜は、シメをカレーうどんに仕上げましたが、家族には好評でした。 ということで、チョット気が早いですが、今週は2020年のシメとして、来年に向けての区切りとなるようなゴルフに仕上げていきたいと思いますので、その辺りのレポートを、またアップさせて頂きます。

68回の閲覧