• nobuhiro nagai

アプローチには2つの打ち方があるのでソール選びが大切

昨日、娘の塾から連絡があって、Zoom練習会の開催が突如決まり、今日の昼12時からおこなわれました。 娘は、私がZoomを使って会議や飲み会をやる様子は見ていましたが、まさか自分がソレで授業を受けるとは思ってもみなかったようです。 今日はZoomへ接続できるか?から始まり、基本的な動作の練習をおこないました。予定どおりでしたが、約10分で終了。また何度かやるんでしょうか、すぐに使いこなせるようになるり、Zoomでの講義が当たり前になるんでしょうね。 やはり、世の中は急激なスピードで変わっています。私も、午後3時からZoomミーティングがありました。リモートレッスン系の打ち合わせでしたが、いろいろといい話しができました。 私もZoomは有料登録したので、それなりの人数と時間でミーティングが開催できますから、今後、機能を学びつつ、テストイベント的なことから始めていければと考えております。 仕事部屋の片付けは、棚が5段ある押し入れの整理に手を付けたら、けっこういい感じでモノが収まってきて、だいぶゴールに近づいた感じがします。 しかし、若い頃にアメリカやオーストラリアで過ごしたゴルフ関係の資料は、ホント貴重ですね。 今日は、1995年のUSPGAツアー「ドラールライダーオープン」の2日目のスタート表と入場バッジが出てきました。私は1994年の12月からフロリダ州オーランドに入って、ちょうどこのドラールライダーオープンを見てしばらくしてフロリダを出ました。その後、カリフォルニアに1週間ほどステイしてから帰国し、半年のアメリカゴルフ留学を終えました。 このドラールライダーオープン、実は盟友であるタケ小山プロが、マンデートーナメントを勝ち上がり、見事本戦に出場していました。 当時、面識はなかったのですが、お名前はオーランドで耳にしており、2日目の18番ホールを上がってくるタケさんの雄姿を、ギャラリースタンドから眺めていたのは、今でもハッキリ覚えています。 昨年の今頃に、実家を片付けた際に、このドラールライダーオープンの大会パンフレットが出てきいて、これはいつかタケさんにプレゼントしようと思い、キープしていました。 今日は、夕方にたまたま宅配便を出しにいく用事があったので、その大会パンフレットと2日目スタート表にギャラリーバッジの3点を、タケさん宛に発送してきました。 タケさんとリアルに知り合うったのは、ゴルフチャンネルの解説者としてオーランドで活躍されていた頃ですから、その数年後になると思います。 それからは、いろいろと日本のゴルフ界を良くしていこうという共通の思いももつ同志として、仲良くさせて頂いております。 そんな、タケさんと、1995年のドラール・ブルーモンスターでクロスオーバーしていたのは、私にとっても貴重な思いでです。 また、この仕事部屋の整理が終わり、その頃の思い出の品を飾る頃にでも、もっと詳しくお話ししたいですね。 さて、そんな訳で、今日もジューシーtHウエッジシリーズを紹介する動画を作りましたが、またタイムオーバー…。 うーん、動画はホント時間かかります。しかも、7分40秒。ブログにアップできるか?心配です。 とりあえずトライしてみますが、また、諸々考えないとですね。



182回の閲覧

© 2019 永井延宏サムネイルゴルフ