• nobuhiro nagai

秋に向けての準備が始まりました。GO TO 北海道決定!

お盆明けの月曜日、新しい週が始まりました。今日も熱中症警戒アラート発令の埼玉県ですが、私は昼から灼熱の地、熊谷市にある熊谷ゴルフクラブにて、月刊ゴルフ用品界さんの試打取材でした。 12時にコースに集合して、クラブハウス2階のレストランで昼食をとりながら打ち合わせをおこない、プレーのお客様のハーフターンが終わった13時過ぎからコースに出て撮影です。 暑さのピークに重なっていますが、今日はまだ湿度がなかった分、よかったかもしれません。それでもカメラを止めている間は日傘を差してタオルで汗を拭い、持ち込んだクーラーボックスのドリンクで水分補給をしながらの撮影でした。 ドローンも熱波でダウンしそうでしたが、何とか予定どおり約2時間で撮影は終了。今日はチョット面白いアメリカ製のパターの紹介でしたが、しばらくしたらゴルフ用品界さんのWEBページにアップされると思うので、お楽しみに! さて、8月も折り返しを過ぎて、もう9月は直ぐそこです。新型コロナウイルス問題も、なかなか出口が見えない中、今後の対応や展開をいろいろと考えなければならないと思っていて、今週からその動きが活発になってきています。 早速今日は、熊谷ゴルフクラブから帰って、Zoomミーティングを使っての打ち合わせが2本ありました。ありがたいことに、けっこう今後の指針となる情報を頂けたり、そこに向けてやらねばならないことなどの整理もできました。

明日の午後もゴルフミーティングがありますが、それに関しての内容の実証と体験を含んでいます。つい、猛暑でボーッとしてしまいますが、アタマの中は常に冷やして、フル稼働させておかないと、いいアイデアは浮かびません。 暑さに負けず、この冬頃には「あの時、頑張っておいてよかったなぁ!」と思えるように、努力したいと思います。 そんなことも含めて、午前中はスケジュール調整をおこないました。7月と8月は、ゴルフ合宿を開催しましたが、今後のイベント予定は未定。いつもなら初秋の北海道合宿に、11月の蟹漁の解禁を待っての北陸蟹ゴルフツアーなどの予定をたてている頃です。 そんな中で、ちょっと違ったかたちで北海道にいくことが決定しています。それは、既にこのブログに書いていますが、9月21.22日の2日間に渡って開催される「MR茨戸マッチプレー選手権」という試合に、参加させて頂くこととなりました。



もともと長らくお付き合いのある、札幌北24条のインドアゴルフ練習場「MRゴルフセンター」が、2018年秋の北海道胆振東部地震の影響でコース内が一部ダメージを受け、閉場していた茨戸カントリークラブを買収し、「MR茨戸カントリークラブ」として昨年の夏にリニューアルオープンさせました。 この試合は、そのMR茨戸カントリークラブが、地元北海道のプロゴルファーやアマチュアゴルファーの為に開催したもので、私は長年MRゴルフセンターのスクールをサポートしてきたという立場から主催者推薦を頂戴し、参加させて頂くことになりました。 初日となる9/21の午前に18Hストロークプレーでの予選をおこない、マッチプレーに進出する16名を選出。その日の午後に9Hで第1回戦の8マッチを終えます。 そして、翌9/22に第2回戦、準決勝、決勝と9Hでのマッチをおこない、優勝者を決めるという仕組みです。 私としては、7月の日本シニアオープン1次予選会に続いての試合参加です。少なくともマッチプレー進出の16名には残れるようにと思い、日々そこをイメージしながら練習しています。 そして、この試合の練習ラウンドも兼ねて、前後の日程を使って、主に現地の生徒さんを対象としたレッスン会を開催することとなりました。



このレッスン会に、コロナ禍ではありますが、コチラからも参加して頂けるので、明日あたりに、私の生徒さんへのご案内を出そうか?と考えております。 先週、この試合に向けての航空券と試合中の宿2泊を、例のGO TO トラベルキャンペーンで予約しましたが、ナント往復航空券代を入れて23,500円でした。 残念ながら東京都在住の方は、GO TO トラベルキャンペーンの対象外となってしまいますが、それでも普段よりは航空券代金もリーズナブルかもしれません。 まあ、まだまだ新型コロナウイルス問題は予断を許さない状況であるのは間違いないですが、各自の判断で動いていくしかない状況だと思います。 もちろん現地では、予防対策を講じながら行動して、本来の目的である試合出場とレッスン会開催を、無事に遂行できるように努めたいと考えております。 ということで、日々の練習も、そこを目指してのモノとなっています。 7月の日本シニアオープン1次予選会の際は、試合直前までクラブ調整を繰り返しましたが、幸いそれがハマって、現在もクラブセッティングはいい状態です。 まあ、テストしているベン・ホーガン「パーソナル」も、今やろうとしている振り方とマッチする部分を感じるので、それはそれでプラスなのですが、アイアンの溝のルールの問題で、「パーソナル」を試合で使うことはできません。 なので、そろそろ9月の試合まで1カ月となるので、「パーソナル」でのテストも切り上げなければならないか?と考えています。 明日とあさって、連続でのラウンドの予定がありますが、そのあたりが「パーソナル」の打ち収めとなりますかね…。 ということで、今日は取材に出かける前に、身体ほぐしの動きをメインに朝練をおこないました。



先週土曜日の早朝ゴルフの際に、朝の5時から身体がよく動いて、クラブヘッドとバランスポイントの分離に関するトライを1日続けることができて、かなり収穫がありました。 それを確認しながら、スイングの可動域を大きくしていくイメージでの素振りをメインとしましたが、骨盤の動きを基準とするクラブヘッドとバランスポイントのコントロールは、上手くできていたように感じます。 先ずは明日の午後からスルー枠で、ホームコースの岡部チサン㏄美里コースです。このところ続けて来場しており、明日で3回目。ぼちぼちいい数字にも繋げていきたいと思います。

90回の閲覧

© 2019 永井延宏サムネイルゴルフ