• nobuhiro nagai

情報満載な1日はまだ終わらない

昨夜、関西出張から戻り、毎週楽しみにしていた連続ドラマの最終回を娘と一緒に見てから寝て、朝はスッキリと目が覚めました。ベッドから出てTVを着けたら、USPGAツアーが雨天で中断しており、そろそろ再開されるとのこと。


リーダーは2打差を着けてのダスティン・ジョンソン。残すは2ホールということで、楽しみに見ました。圧巻は最終18番のプレー振りでしたね。350ヤードのビッグドライブに、ほぼ完璧なウエッジショット。


この週末のでの1番の発見は、3Dから4Dにアップデートされたことによるバランスポイントの見直し。特にバランスポイントから見たフェースコントロールは、かなり驚くべき発見です。それの具現者が、ダスティン・ジョンソンなので、今朝はとても参考になりました。


ということで、早速DJイメージで朝練です。テークバックの頂点から、プレーンに下りていくときに、バランスポイントを中心としてフェースコントロールしていくのが、あの「掌屈」を生む訳です。まあ、なかなかDJやしぶこさんみたいにはなりませんが、フェースは開かずに下りてきているので、その仕組みは機能していると思われます。



また、バランスポイントでクラブ全体の4D的な動きを管理する意識を持つと、アプローチでのクラブコントロールも非常にクリアになりますね。これはチョット面白いので、早くコースで試してみたいです。


さて、朝練の後は、今夜この後8時からの【ゴルファーズラウンジ】のホストミーティングZoomで行いました。それをやりながら、私はタブレットで、今日に最終ラウンドが延期された「アース・モンダミンカップ」最終日のユーチューブライブ中継を見ていました。


まあ、試合結果の方はすでに皆さんご存知だと思いますが、なかなか面白い試合だったのは間違いありません。ユーチューブライブ配信とJLPGAメンバーによる手作り感のある映像も、今までの地上波でのゴルフ放送にはない新鮮さがありましたね。


5年振りの復活優勝を遂げた渡邊彩香選手と、今朝のチャンピオンであるDJが似ていると感じたのは私だけではないと思いますが、現代のゴルフの方向を示すのでは?と感じました。


さて、実は今夜の【ゴルファーズラウンジ】ですが、私はレッスンが入っている関係で、1時間遅れての参戦です。最初の1時間は、ミュートでレッスンの様子を流すかもしれませんが、また新たなパターンでの【ゴルファーズラウンジ】です。


今週木曜日には【ゴルファーズラウンジ】シルバークラブも予定されいていますので、興味のある方はぜひ、お気軽にお声掛けください。

47回の閲覧

© 2019 永井延宏サムネイルゴルフ