• nobuhiro nagai

始動を大切にしていますか?

昨日はゴルファーレでのレッスンでしたが、高田馬場の街にもチラチラと雪が舞いました。気温も低くて冬らしい1日でした。


あいにくの天気でゴルフが中止になったとレッスンを受けに来て下さった方や、レッスンの後に打席を取って復習されて帰る方など、その寒さに負けない熱量を感じました。


さて、久しぶりのゴルファーレだったので、早速空き時間にスピードウィッシュを使ってのドリルを撮影しました。


もともと「シャフトの中味を吸い上げる」イメージの始動を、このスピードウィッシュでやっていました。基本、その頃と動きは同じですが、2部屋の考え方が出来てから、また違う部分が見えて来たと思います。


12月に昨年のラストレッスンを受けて頂いた常連さん、年が明けてのレッスンでいきなり覚醒感アリ。明らかに振りが強くなりボールも飛んでいます。


コースでの結果にも繋がっているみたいで、自信を持ってプレーされている様子が伝わります。


そのブレイクスルーに寄与したのが、12月のレッスンでスピードウィッシュを使って始動のイメージを変えた事です。その時はかなり違和感があったみたいですが、やはりドリルらしく、その仕組みが身体に擦り込まれて行き、結果へと繋がった模様です。


これを2部屋で考えると、テークバックで右のカベを越えてクラブが仕事をする部屋に行ってしまうと、ゴルフスイングにロスを生じさせる原因になるという事です。


これは私がゴルフスイングの正体として据えている「クラブとのやり取り」そのもので、クラブとの綱引きに例えると、クラブに引っ張られ負けた状態でクラブを振っている状態となります。


その綱引き的な勝ち負けを見た場合、クラブが動き始めて直ぐに秒殺されてしまうのが、多くの悩めるアマチュアゴルファーに起きている事です。


ミスの原因は、「肩が回っていない」「ボールをよく見ていない」「身体が動いている」などではなく、クラブとのやり取りに負けていることだとは中々自覚し難いと思います。


また、ゴルフスイングを円運動として捉えるのが主流なので、どうしてもそうなるでしょう。


この動画でも、当然スピードウィッシュは円弧を描いていますが、白いボールの動きは全く違います。


それが2部屋の考え方によりよりはっきりと理解出来た、切り返してからの仕組み。


テークバックは自分の部屋の中で1部屋で上げて、頂点から下りる辺りから右手のカベの向こうのクラブの部屋にクラブを預けるのですが、これが2階でなければなりません。


ベースとなるのは、右肩甲骨を節とした仕組みです。テークバックの頂点から切り返した際、右肩甲骨から見た右腕は右肩甲骨より上にあり体幹が下です。


これを「左足下がり傾斜のイメージ」とか言ってましたが、右のカベで仕切られた2部屋で考えると、クラブの部屋が2階にあり、自分の部屋は1階にあると言えるでしょう。


このクラブが2階に居るというのがポイント。どうしても絶対的なボール位置とターゲットラインは地面にあるので、当てに行こうとするとクラブを1階に下げてしまいます。


下りて来るのはクラブではなく重さ。スピードウィッシュの白いボールです。この白いボールが下りてくるのを、身体の部屋の1階&クラブの部屋の2階で待つのが、切り返しの重要課題となります。


またこれは一歩進むと、クラブを預ける2階のクラブの部屋は背中側の部屋となり、背中型の部屋と前側の部屋では、


「クラブヘッドとグリップエンドの上下の関係」

「ヘッドが動く方向(ターゲット方向と反ターゲット方向)」


の違いにも繋がりますので、とても重要です。


とりあえず、これらを総合的に考えるて、やはり始動が大事という事になります。


今日は、埼玉県熊谷市カゴハラゴルフクラブでのレッスン会です。現在、朝のクラスを終えてのランチタイムです。


カゴハラゴルフクラブは南東向きにフェアウェイがある為、冬の朝は晴れていると日射しが照り付けてかなり気温が上がります。


打席の北側は建屋で遮られているので、この辺りの名物であるからっ風も影響ありませんので、時に冬支度で来た生徒さんが汗だくになり、慌てて防寒下着を脱ぎに行くこともあります。


今朝も日射しはありましたが、そこまでは気温は上がらず、練習にはちょうどいい暖かさでした。


そんな中、始動を1部屋でコントロールする練習から入り、テークバックで2部屋に分けて、体幹とクラブを入れ替えで当てる連絡に繋ぎました。


そして、そこからフルスイングへ展開。


1部屋でテークバックして2部屋でダウンスイングしてボールを打つ動作にトライ。2階にあるクラブの部屋にクラブを預ける感覚を意識して貰ったら、切り返しでテンションがかかったボールが飛び出す方が多かった様に思います。


最近は、こんな感じで2部屋に分けてのゴルフスイングをレクチャーしていますが、好結果が出ている様に感じます。


さて、これから午後のクラス。


終わったら、武蔵野市グリーンパークゴルフセンターに移動して、夕方から個人レッスンです。



81回の閲覧

© 2019 永井延宏サムネイルゴルフ