• nobuhiro nagai

台風14号から逃げるように帰宅した後は、佐野元春から大切なことを学ぶ1日でした。

今月からスタートしたノマドライフの拠点である、新大宮のノマドハウス。とりあえず、今週月曜日から約1週間かけて、生活に必要な品々を、地元のニトリやホームセンターで購入し何とか部屋が整いました。 洗濯機は初日に配送され、高社長に手伝ってもらいながら設営しましたが、排水溝の位置が洗濯機の真下にくるので、チョット暫定的に避難口の上に置きました。


また、火曜日に開栓したガス台も、壁に貼り付けられている耐熱板よりはやや低目。 このふたつの問題に対し、ホームセンターで半分のレンガを購入し、四隅に置いて高さをかさ上げすることでクリアできました。洗濯機は制震防音ゴムもかませました。 ホームセンターでは、新大宮でお世話になっているワインバーのマスターにお会いするなど、地元感ある生活です。自宅至近のスーパーとドラッグストアは、ポイントカードを作りました。 今回、こだわったのは、部屋の備品。将来的には、この部屋からオンラインレッスン系の動画や配信をおこなう可能性もあるので、テーブルにベッドは折り畳めるモノをチョイスし、6畳ひと間の部屋を広く使えるようにすること。



椅子はグレージからキャスター付きのデスクワーク用をひとつ頂きつましたが、あとはやはり折り畳みチェアです。 このオンラインレッスン系の仕組みも、今後早急に整えるべく、週明けはその作業を進めたいと思います。 ということで、今日は台風接近の中、昼は地元で人気のラーメン店で美味しいラーメンを頂いてから、最後部屋を片付けて、埼玉県の自宅への帰路につきました。



10/1の行きは、駿河湾沼津サービスエリアで休憩のあと、名古屋から名阪道に入り、そのまま新大宮へ。11時に自宅を出て、新大宮の不動産屋で部屋の鍵を受け取ったのが17時を少し回ったところでした。 帰りは、折からの台風接近ということもあり、起点の奈良は強めの雨。急がず安全運転で帰ろうと思い、途中休憩を4回ほど入れて、帰宅したのは23時過ぎ。出たのが14時半頃でしたから、約7時間半。行きより1時間半、余計にかかりました。 途中、中部地方を通過する頃が夕方のTVニュースで、四国地方やら和歌山県などから台風接近を伝えていました。


台風は時速50㎞で接近とのことで、その倍の速度で台風から逃げながらの帰宅。たしかに、雨は段々と弱くなりましたね。 新東名が終わるころには、事故渋滞情報で東名厚木JCT経由はかなり時間がかかるとの情報が入ったので、御殿場ICで下り有料道路で山中湖から河口湖に抜けて、最後は中央道経由でのルートに変更。


夜遅い時間でしかも雨の中に富士山麓の麓を走る有料道路は、チョットいやな感じもありましたが、なんとか無事に到着しました。


帰宅後はシャワーを浴びてから、久しぶりの自宅でリラックスタイム。ノマドハウスにいつもの甲類焼酎を持っていってしまったので、今夜は角ハイボール。





昨夜のパーティー用に買った徳島県産のすだちを持ち帰っていたので、ピールをひと絞り振っての銀座ロックフィッシュ風に仕上げました。


それを飲みながら、先日録画したNHK「SONGS」佐野元春の回を視聴。


インタビュー役は、私と同世代のNHK武田アナウンサー。約40年の佐野元春ファンということて、いつものカチッととした雰囲気とは違い、子どもの頃から憧れていたマイヒーローを目の前にしたときめきが伝わってきて、とても共感できました。


それでいながら、この困難な時代の中で、佐野元春がどの様に世間を俯瞰し、それに対してどのような憂い、怒り、悲しみ、喜びなど、アーティストとしてモノを生み出す原動力は何か?を見事に引き出したインタビューにまとめたのは、さすが武田アナウンサー。とても感動しました。


やはり、世の中をよく俯瞰し、それに対して自分なりに向きあってよく考えて、感じたことを自分なりの言葉や表現であらわすということの偉大さを、あらためて佐野元春から学びました。


私も、この学びから、今後の活動指針を得たような気がしています。


さて、今月は、ひとつプロアマトーナメントに出場します。今週は引越し作業で、ほぼ練習ができなかったので、明日から再開したいと思います。


ノマドハウス滞在中のレッスンで、骨盤がうまく動かせない生徒さんがいました。それを基礎動作や歩き方のレクチャーから入り、骨盤の回し方のパターンを作ったら、かなり劇的にスイングが変わりました。


よくよく考えると、かなり自分にも当てはまる症例だと思うので、このあたりの掘り下げを課題にしたいと思います。



69回の閲覧

© 2019 永井延宏サムネイルゴルフ