• nobuhiro nagai

何かを掴んだか?と思ったらら奈落の底へという1日でした

昨日の夕方に、GAPK理事仲間の三石さんよりお誘い頂き、今日は急遽参戦の業界関係者との親睦ゴルフ@コシガヤGC。


朝、起きてみると素晴らしい晴天となり、まるで昨日の雨がウソのようです。もちろん短パンでサンダル履きで、キャディーバッグを担ぎ、家を出ました。


今日はたくさんやりたいことがあるな、と思いながらも、昨夜の毎週恒例全国のゴルフ仲間とのZoom飲み会が終わったのが零時を過ぎていたせいや、ややフラフラ気味…。


とりあえず、コンビニでボトルのアイスコーヒーを買って飲みながらコースに向かいました。


到着後、チェックインを済ませると、本日ご一緒の皆さんもちょうど見えた頃で、軽く談笑してから、歩いて土手を越えてゆき、カートに乗車してスタートホールへ向かいました。


INコースより出ましたが、とりあえず、しばらくは身体が動きません。でも、ウエッジの重量調整は問題ないみたいです。まだ、ベストな状態ではありませんが、何とかなりそうです。


技術的なトライとしては、昨日の夕方にデシャンボーのドライバーを見て興味を持ちましたが、その後、夕食を食べる頃にGOLF TVで見たUSPGAツアー2日目のラウンドで、松山英樹がダスティン・ジョンソンと一緒に回っていました。


それを見ると、左腕に遠心力をかけないスイングの優位性がよく理解できたので、今日はそれからトライしてみました。


インからスタートしたので、すこしほぐれてきての14番あたりからは、何となくいい感じになってきました。


15番は195ヤードのパー3で、やや向かい風に感じます。とりあえず、今朝、キャディーバッグに入れた4番アイアンに挑戦しました。







グリーン左端を狙ってショットしたら、まさにそのラインに球が出てゆき、なるほど左腕に遠心力をかけない仕組みとはこういうことか!と感じました。


その後も当たりは良くなり、ドライバーの飛距離も出てきた感じ。18番もいいドライバーで狙ったフェアウェイ左サイドを捉えています。


しかし、そこからの145ヤードの左からの向かい風を8番アイアンで打ったのですが、そのショットがやりたい動きの逆球的なミスとなり、そこで本日はゲームオーバー…。


(問題の145ヤード8番アイアン)


後半は、全く当たらずボールを大量消費となり、ブリヂストンさんに貢献するラウンドとなりました。


そのフロント9の最終ホールのセカンドショットがトリガーとなりましたが、ちょっとラインが出てきたので、そこのイメージを強く持ったら、身体を支点にしてのムチ的なインパクトになってしまい、それが起点となって全体が壊れた感じでした。


うーむ…。奈落の底とはまさにこのことか!という感じでしたが、僅かながらも左腕に遠心力をかけない仕組みの利点やこ感覚が掴めたのはありがたかったです。


今後は、それを踏まえて、またいろいろとやっていきたいと思いました。


しかし、4番アイアンがちゃんと打てたのは、嬉しかったです。とりあえず、これでクラブ本数は14本になりました。


鉛の位置をもとに戻したパターも、やはり全然振りやすかったです。ちょっと芝芽のある高麗グリーンでしたが、自分でタッチを出している感じがありましたね。


さて、コシガヤGCから戻り、今夜はこのメンバーでの慰労会です。業界の飲みニケーションも、再スタートしています!





93回の閲覧

© 2019 永井延宏サムネイルゴルフ