• nobuhiro nagai

今夜【ゴルファーズラウンジ】20時より開催!

今日は川越グリーンクロスの南コース7時22分スタートを予約して、この日曜日の埼玉ラウンド会に昨日ブログで書いた「エールオークション」に出展予定のラウンドレッスンなど、今後いろいろと川越グリーンクロスにお世話になるので、ご挨拶兼打ち合わせに伺ってきました。 支配人は本日不在とのことで、副支配人へ「エールオークション」の企画書や概要書などを預けてのご挨拶となりました。この川越グリーンクロスは、飽きのこないレイアウトながら、全てのゴルファーにとって回りやすく、ベストスコアが期待できると評判です。 「エールオークション」でも、ベストスコア更新を目指してのラウンドレッスンで、プレー後はベストスコア達成を祝う19番ホールでの祝杯付きという日程を考えており、現在、内容を詰めております。 オークションで渋野プロのサイン入りキャップは、はたして今、いかほどのお値段が付いたのか?チェックしていませんが、私も少しでもチャリティーに貢献できればと思っています。 ラウンドの方は、昨日のマシュー・ウルフから学んだ、右半身(右鎖骨)の開閉へのトライがメインテーマでした。 前半のウエッジショットの画像を見ると、たしかに切り返しの方向やクラブが下りてくるタイミングが変わり、やはりこの右半身の開閉は、かなりスイングのパーツとしては大きな機能を持つというのが理解できました。 しかしながら、長いクラブでのロングショットは、まだここまでの変化は見られません。やはり、左肩の怪我のせいか、まだテークバックの頂点からトップに下りて切り返すところが浅くなるのか、だんだん腕が前に下りてきて、クラブを背中側に預ける感覚が薄くなっていくのを、今日はラウンドしながら感じました。 長いクラブを背中側に預けるのは、一昨日から始めた左肩から左腕のタメも必要になってくるので、やはりこれを意識すると、まだ少しコースでのスイング時には左肩に痛みが出ます。このあたりは無理をせずというところでしょうが、ウエッジがだいぶいい感じで振れるようになってきたので、いつかは長いクラブでも同じ感じで振れるよう、引き続き努力したいと思います。 それでも南コース8番パー3では、ピン奥190ヤードを5番アイアンでトライ。大きなグリーンなんで、何とか手前に乗ればよしと思って打ったら、いい感じのテンションが使えて、右に出てのハイドロー。ピン横に落ちて、傾斜を使いながら5ヤード転がって止まりました。 昨年の秋には、ドライバーが180ヤードしか飛ばず、アイアンは6番からしか打てませんでした。それが、5番アイアンでハイドローが出てキャリー190ヤードまで打てるようになったのですから、それは素直に嬉しいです。何とかドライバーもキャリー250ヤードくらいまで、もっていきたいモノですね。 さて、今日はこのあと、オンラインイベント【ゴルファーズラウンジ】が20時より開催されます。 先ほど、今夜のホスト3名での打ち合わせをおこないましたが、この木曜日の企画「ゴルフ雑誌の読み合わせ会」はかなり面白い内容となりそうです。 来週月曜日の【ゴルファーズラウンジ】には、アメリカから特別ゲストがホストとして参戦してくれて、最新のアメリカゴルフ事情も話してくれるとのこと。 今回、タビカの申し込み締め切りの設定が前日となっていましたが、次回からは会が始まる1時間前までの申し込みOKと設定を変更しました。 どうぞ、お気軽にお越し頂ければと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。 では、今夜は【ゴルファーズラウンジ】の準備がありますので、この辺りで失礼します。




66回の閲覧

© 2019 永井延宏サムネイルゴルフ