• nobuhiro nagai

ゴールデンボールを握ったら大爆発の1日でした

今日は、昨日に引き続いての基礎トーニングを朝食後におこないました。やはり、身体が活性化するので、その後の作業もいい感じでしたが、靴関係の整理にゆきあたり、折角の機会だからと靴磨きに取り掛かりました。

靴ももちろん断捨離をおこないましたが、やはり残るのはそれなりのモノですね。ゴルフシューズ以外で残したのは3足で、そのうちの2足はもう買って25年は経とうかというメイドインイングランドの革底内羽根ストレートチップとボストニアンのオックスフォードシューズレースアップです。

特に靴への拘りはありませんので、たまたまセールとかで安く出ていたんだと思います。でも、普段履きの消耗品以外の靴を買う時は、基本ひとめ惚れというか、セクシーさを感じる靴かどうか?を基準にしています。

そういう意味では、この2足はたしかに今見ても美しいです。ボストニアンは艶消しなので、ちゃんと手入れをしてあげないとダメですね。シューレースも、新調してあげようと思いました。最近はあまり履いていないのですが、足を入れてみたらとても柔らかくてフィット感バツグン。

早くこの靴を履いて、夜の街に飲みにいけるような世の中に戻ってもらいたいです。

しかし、先ほど安倍総理大臣から緊急事態宣言の期間延長が発表され、5月31日まで現在と同じような自粛生活の協力要請が出されました。

とりあえず、仕事部屋の片付けは、それまでには終わりそうです。5月6日には間に合いませんでした。その分、仕事がやりやすい環境をつくろうと思い、そろそろ完成形をイメージしながらの作業に入っています。

明日からしばらくは5月6日以降の仕事について、関係各位との調整にあたることになると思います。それを踏まえてこの月末までと、それ以降の活動について、何か決まり次第ご報告させて頂きます。

それにしても、とても残念に思うのは、ここ最近の安倍総理大臣は官僚が作ったAIを搭載したロボットのようにしか見えないということ。

今日も「国民の皆様と共に」「一致団結して」とか感情に訴えかけるようなセリフに対し、一生懸命情感を入れて話そうとしている努力は伝わってきますが、それは国民の心に響きません。

昨年の紅白歌合戦にAIとして登場した美空ひばりさんのように、田中角栄さんのAIでも作って「金なら任せておけ!心配するな」と言わせた方が、はるかに国民は安心すると思います。

しばらく姿が見えなかった北朝鮮の委員長。復帰した映像に対して「合成?」「影武者?」などの憶測の声もあるみたいですが、我が国のリーダーには、AI安倍総理大臣ではなくて、何とか自らの頭脳で考えた国民に寄り添う血の通った施策を、熱い心で伝えて頂ければと思います。

さて、今日も動画があります。先ずは、朝イチの基礎トーニングの様子です。この仕上げにオレンジウィップを使っていますが、今朝はこの器具の特長であるグリップエンドのゴールデンボールを左掌で包んで小指を外して握ってみました。


こうすることで、いわゆる「左の手の内」のあるゴールデンボールへの意識が高まり、ヘッドを現わすオレンジボールと入れ替える感覚がよく理解できるのでは?と思いましたが、やはり予想どおりの好結果でした。

いい感覚を掴みながら片付け作業に入ったのですが、午前中の靴関係に続いて午後はゴルフ用品関係の整理となり、グリップ類が出てきました。

その中に、もう10年近く前になると思いますが、日大桜丘高校の先輩の方が作られている、グリップエンドの太い(丸い)グリップが出てきました。たしか、神田にお越しくださり、ご挨拶と製品説明を頂き、試供品として数本このグリップを頂きました。

当時はR&Aからは認可されず、引き続き交渉をおこなっていると伺った記憶がありますが、その後はどうなったのでしょうか?とりあえず、市場で見る感じではないですね。

しかし、タイミングというのは恐ろしいモノで、朝イチでゴールデンボールを左掌に握って素振りしていい感触を得た、その数時間後にこのグリップが出てきた訳ですから…。

片付け中につき、手の届く範囲にカッター・グリップ下巻きテープ・スプレーのグリップ交換用溶液が全てあります。となると、奥の金属ラックから、ショートクラブを取り出してさっそくグリップ交換に取り掛かりました。

ということで、本日も2本目の動画にいきます。その中で、いろいろと左掌にグリップエンドを包むことの意味などを説明しますので、是非ソチラをご覧になってください!






60回の閲覧

© 2019 永井延宏サムネイルゴルフ