• nobuhiro nagai

グレージレッスン会初日終了。SIM MAX 2 の形状を調べてみた!

今日から2月度ねグレージレッスン会。月末となりましたが、キャンセルで空いたひと枠を残して、おかげさまでびっしりと埋まりました。

  

常連さんがメインではありますが、新規の方にゼロワンメソッド的な方が混じるのが、最近の印象です。


やはり、新規ゴルファーは増えているのでしょうか?


午後に常連さんの奥様がゴルフを始めたいということで、レッスンを受けてくださいました。


何度か打ち放しに行ったことはあるとのお話しでしたが、やはりゼロワンメソッドからスタート。


やってみると、なかなか飲み込みがいい感じで、無事に50分後にはフルスイングで空振り無しでボールにミートできる様になりました。


「今までの苦労は何だったのか⁈」


というニュアンスの感想を述べられていました。


やはり、ゴルフは最初が肝心です。とりあえず、空振り無しで当たる仕組みから入ると、その先が楽しくなると思います。


しかし、今日は常連さんには、空振りしてもらいました。


例のインパクトの真実を知るドリルです。


思うに、たぶんこのドリルをやると、90%のゴルファーは、空振りすると思います。


本日のレッスンで空振りして頂いた常連さんは、いわゆる上級者ですから、ホント、このドリルはシビアにインパクトの真実をあぶり出してくれます。


また、YouTubeチャンネルのネタにでもしたいと思います。


さて、レッスンが終わってから、試打クラブで置いてあるSIM MAX 2 をチェックです。


噂によると、ロフトによりヘッド形状が微妙に違うらしく、マキロイは10.5度のヘッドを使用して、ネックの調整機能で8.5度に立てて使っているとのこと。


なので、試打用の10.5度をロウワーポジションに動かして、打ってみました。


身体も動かず室内なので、弾道などはわかりませんが、とりあえず形状のイメージとしては、フェース面のセンターとボディーのセンターがズレている、初代SIMの形状がはっきりと見て取れます。


SIM2 や、SIM MAX 2の9.5度は、この形状がやや修正されて、フェース面のセンターとボディーのセンターが近い様に感じます。


これは、いわゆる「構えやすい」という感覚への修正か?と思いましたが、やはりSIMの良さは、シャフト軸から逃げたがるヘッドを、思い切り引きつけて打つところにあると考えているので、マキロイが10.5度のヘッドをチョイスしたという話しは、なんだか頷ける気がします。


私的には、もし新作を購入するならSIM 2 でいいかな?と考えていましたか、SIM MAX 2 の10.5度も、候補に上がってきました。


じっくりと、検討したいと思います。


さて、グレージレッスン会、明日は完全フルゲート!


夜に京都駅から夜行バスで帰るので、明朝はノマドハウスの片付けと荷造りですので、早く寝たいと思います。



97回の閲覧