• nobuhiro nagai

クラブハウスからの熊谷GC。フライトスコープでキャリー250Y出てたから、今の時期充分ですね!

今日は昼に熊谷GCに集合し、ゴルフ用品界さんの仕事でシャフト試打の取材がありました。


自宅を出たのは11時ちょい前で、約1時時の移動予定。


その間に今朝、ゴルフ業界の盟友Mさんから招待を頂いた、話題のSNS「クラブハウス」へのトライアルで、Mさんが開いていたルームに参加して、ハンズフリーでの会話を楽しみました。





もう、この「クラブハウス」については、私が語るモノではなく、刻々と浸透しているというか、皆さんの積極的なトライアルが全てを物語っている感じです。


私は木曜日から、奈良のノマドハウスに入るので、そこからのルーム作成にトライしてみようか?と考えています。


そんな感じで、クラブハウスで皆さんとの会話を楽しみながら、あっという間に熊谷GCへ到着。


短い時間でしたが、いろいろとクラブハウスの特性や活用について、学ぶことがありました。


また、最近はゴルフ帰りのドライブで、激しい睡魔に襲われることが多々ありますので、その打開策になるか?との期待も感じました。


さて、午後からの試打は、とても暖かい気候の中、半袖姿で挑みました。


しかしながら大変風が強く、試打をした熊谷GCの1番ホールは、真左からの風があたります。


今日はシャフト試打でしたので、ドローとフェードの打ち分けが、クライアントからのリクエストでありました。


試打は計測器「フライトスコープ」をあてがっておこないました。


そのデータ的にも、綺麗なドローで入っているのに、弾道の頂点からは左からの風により右に流されてしまうナックルボールのような弾道となってしまうコンディションです。


それでも、数値的にはキャリー250ヤードを越える感じで、この時期にしてはいい数値だと思います。


撮影は、ゴルフ用品界社O記者へのフィッティングというかレッスンを経て、無事に終了しました。


この撮影の様子の一部を、私のFacebookからライブ配信しましたが、多くの方々に視聴頂きました。


それは、昨年の緊急事態宣言の際に自作した、ゴルフ用自撮り棒をアップグレードし、よりいいアングルでの撮影が可能になったことのデモでした。






今夜、またYouTubeチャンネルを1本アップしましたが、今後はコチラもゴルフ場での撮影を取り入れていきたいと考えていますので、この自撮り棒のアップグレードは極めて重要です。





また新しいSNSが加わりましたが、いろいろと頑張っていきたいと思います。





87回の閲覧

© 2019 永井延宏サムネイルゴルフ